マンション★MORE

ericosan.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 16日

出水同盟

半年ぶりに結成。
いまやスカイビルの住人イシザワ伯爵。
けれども京都に住もうが、梅田に住もうが
あのアクセント障害は健在で、
とても楽しませてもらいました。

久々に二人で夜中に行くコンビとか
妙になつかしくて。
そういえば京都にいた頃
千本界隈のファミマの
デザート仕入れ時間帯や
品揃え情報を
熟知していた彼女を思い出した。

ほんで夜通し花男鑑賞。
空が明るむまで。
そして昼に起きて
起きぬけにビデオの電源オン。
花男アゲイン。

だらだらと話して
だらだらとすごして

なんでもないけど
なんか楽しかったや。

ありがとう伯爵。

でも次回はまた久々に
みんなでカメラぶらさげて
クッシープランに振り回されてみたいね
なんて怖いものみたさな計画。

重鎮登場は無理でも
撮影旅行したいなー。

e0013575_21433764.jpg
[PR]

by ericosan | 2007-05-16 21:45
2007年 05月 10日

黒の部屋

なんか
??って思ってる小さいことが
どんどん自分の中に吸い込まれて
????でできた
ブラックホールみたいなんがあって
もやもや
もやもや
もやもやしてる
ってミクシーに書いたら

「もやもやしてるんですか?」
って電話をくれた彼。
そういえば、まだ近所に住んでた頃
離婚してしまったあの二人がまだきっとラブラブだった頃
そんな映画がはやっていた頃
夜中に「誰か今会いにきてください。」ってここに書いたら
「今会いに行きましょうか?」とメールくれたなあ。
あーなんか変わってないやと
ちょっとうれしくなったんです。
ま、きっとただ単にひやかしなんやけど。
話に実りはないんやけど。
いいねん。

で、大学の頃は
このもやもやした気持ちを私は
あの暗くて赤いライトがぼんやりする部屋で
消化してたんやとわかったのです。


あーこもるかな。
こもらなきゃな。
[PR]

by ericosan | 2007-05-10 23:40
2007年 05月 05日

メロン記念日

昨日バーバラが奈良に泊まりにきました。
バーバラは四国旅の時のように
一夜をかけて「ハンサムな彼女」を読破していました。
感想:「聖くん(TJ=トラフィックジャム)きもちわるい。」

朝(と思いきや昼)おきて、
本日の唯一の目標:天一のラーメン食べる。
いく途中、マンションの展示場みたいなとこで
なぜか、メロンパン1個30円です。どうですか。
といわれ、購入。

ついでに展示場も見学。
はー。キッチン広いですねぇ。とか
あー。プラズマテレビですねぇ。とか
あたりさわりないことゆって、
メロンパンをもらいました。
メロンパンめっちゃふわふわ。
めっちゃおいしい。
そしてバーバラ
メロンの果汁を肉汁とゆった。


そして夜は京都で
かつての木屋町の大王、今ニート
のヤーマン主催の飲み会。
銀行トリオのりさんホッティ井口くん
と完全アウェイの井口君の友
と15万のメガネを売り飛ばしてきたちいさん。

嘘か真か、井口君はスキマを狙うスキマスイッチ、という怖いお話。
後頭部の退化を気にするあまり、人を上に立たせない井口友。
エスカレーターで上に並ぶ人に対し「お前らエレベーター使え!」
と理不尽にキレる。
ホッティは最近のラブホテル事情を教えてくれたかと思えば
「自分がここは許されへんと思うところが違う人とは結婚できひんで。」
とこちらがあせるぐらいいきなりシリアス発言。
ちいさんは失業保険で暮らす山田マンを
自ら養う可能性も考えはじめる。
のりさんはいつものようにニコニコしながら
泡盛をぐいぐい飲んでくれました。

お店を出る頃には全員へべれけになって
あんなふわふわ四条大橋を渡ったのも久しぶりで、

木屋町から京阪いく間でも
その距離で井口君の友は、迷子になって
ヤンキーにからまれてるし
山田マンは「大丈夫大丈夫、ははは。」といいながら
階段から落ちそうになるし、
井口堀田コンビは、酔っ払ってるくせに
なんだかんだで終電には乗せようと心配してくれて
e0013575_0343112.jpg
なんかほんと相変わらずで
おもしろくて、いっぱい笑わされて
すごい楽しかった。
ほんといい先輩たちやなぁと
しみじみ思った。
後輩の位置ってのもいいもんだ。

結構いいことあるなGW。
[PR]

by ericosan | 2007-05-05 00:38
2007年 05月 01日

春を憂う

昨日久々に
鴨川に集合しました。

天気上々。
なつかしい面々。
卒業ぶりに会う人もいて
でも変わってなくて
昔を思い出して、
けっこう切なくて
危ない危ない。
みんなといると
楽しすぎて、うれしすぎて
この一瞬だけをつなぎ合わせて
暮らせたらいいのになあ
なんて無茶を思うけど、
それがただの
ユートピア願望でしかないことも
24歳は知っています。
夢の住人にはなれないね。

日が落ちると
みんなそれぞれの日常に
戻っていくんやし。

こんな日の次の日は
私はほんとは
ちょっと人生が怖くなります。





サンガ君から拝借。
楽しい1日の終わり。
e0013575_15345013.jpg

[PR]

by ericosan | 2007-05-01 15:18