マンション★MORE

ericosan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 07日

お祭りマンボ

この前の土曜日。
いつものように出町柳。
ちょっとだけ早起きして
午前中はバーバラに会いました。

二人で知恩寺の古本まつり。
京都の古本屋さんが
そのままお店を丸ごと
どっこいしょと、もって集まったかんじ。
日本文学とか哲学書とか雑誌、画集
料理の本に漫画、マニュアル本、紙芝居。
もうなんでもそろいます。

楽しすぎて、
バーバラに久々に会ったのに
お互い完全別行動。
本の野をさまよってました。
前から読もうと思ってたのや
タイトル買いしたもの
ぱらぱらみてて、これは!と思ったもの
こんな偶然の出会いがとてもうれしかったです。

お堂の前では渋さしらずのオークション。
「はい!徳川家の歴史全巻500円から!」
盛り上がる観客。平均年齢65。
同じ知恩寺といえど、手作り市より
かなりアダルトなムードでした。
でもおじいちゃんやおばあちゃんも
楽しめる京都の日常ていいね。

そのあとお寺出たすぐ横の喫茶店に。
うすぐらい店内だけど
奥は広々と開けた深い緑の小さい庭つき。
カウンターには
マスターを絵でかいてといわれたから
こう書きました。というような
まさにマスターの風貌したおじいさん
も良かった。
いいところでした。

やっぱり京都はいいな。
そのへんに素敵がころがってる。

今週は前のりで金曜から京都にのりこみます。
[PR]

# by ericosan | 2006-11-07 21:56
2006年 10月 31日

秋の鴨川といえば

土曜日
三条大橋で
ヤングの集いをのぞきました。
橋の上にいくと
なぜかヤングではない
ますらおさんもいました。
ヤングだと思っていた
萱野君やつむっちもいました。
もうそんな時代か。

あれを上から見るのは
何回みても
なんだか切ないです。

ポリスメンもきちゃって
はらはらはらはらよ。もう。
あんたたち。

橋の下にいったら
知らない人がいっぱいで
でも知らない人やと思った人は
太った愛弟子でした。
変わり果てた姿でした。
不憫です。

元会長は順調にK野化が進んでるようで
この日着ていたのはもちろん赤チェックでした。
あのチェックがもう少し小さくなっていくと危険ですよ。

とりあえず、
なんかものすごくわいわいしてて
あの雰囲気はかわらずで
私は楽しかったです。


帰りは近鉄沿線3人組みの久々結成で
ザッキーにおびえて帰ってた日々を
思い出した。
[PR]

# by ericosan | 2006-10-31 00:09
2006年 10月 15日

そんなバナナ

今日から毎週土曜日は京都にいきます。
お時間ある人はよるご飯たべましょう。

でさっそく今日はみおちゃんとごはん。
その帰り・・・特派員は見た!!
(なつかしのあの番組)
驚愕の光景を!

あのみゅーずのあった場所に
堂々と建立された白い建物
その壁に書かれているのは
見慣れたあの3文字


Chi - fa - ja !!


チ、チファジャ!
ええーーー!!


去年まで白梅でつぎ込んだ
私たちの肉代が
みゅーずの跡地に
チファジャを建てたのでしょうか。

ショック。。
みんな知ってたの??
りえ、ちいさんに会わす顔ないよ。。
[PR]

# by ericosan | 2006-10-15 01:15
2006年 10月 10日

クライム

去る日曜日。
写研初秋の会を執り行いました。
の前に、山に登ってきました。

首領紺屋さんが「釣りがしたい。」
とおっしゃられたのですが
なかなか京都市内で釣りは難しく、
その変わりに
1.宝ヶ池でスワンボート競走
2.狸谷山不動院へ参拝(たぬきで飲む予定やったから)
3.大文字ハイク
などを計画したところ
肝心要のドンは得意の土壇場キャンセルで
昼の部を欠席されました。

なのでヒールのりえと
刀を薙刀がわりにするバーバラと
暗室に行きそびれた栗ちゃんで
登山することになりました。

今年3月、京都を離れるとき上った大文字山。
富士山の時に、山登りが嫌いなことは
自分で重々存じ上げておりましたが
その山嫌いをもってしてでも
あの山は登りたくなる。
もう、あの頂上から見下ろす京都は
なんとも形容できない。
いっぺん登ってください。

しかもこの日はちょうど夕日が沈む時間。
ゆれるススキの向こう側には
夕焼け色にキラキラ光り広がる京都の町。

そんなこんなで気づけば下山する頃には
あたりは真っ暗。
暗い山道、なぜか、りえは先が見えない。
老婆のようにバーバラに手を引かれながら
ゆっくりゆっくりコサックポーズで段差をクリアしてゆく。
無事下山。よかったよかった。

で遅刻。

すいません。

飲み会は思った以上にBKC組がいっぱい来てくれて、
ひさしぶりの人もいっぱいいて、ほんとにうれしかった。
来てくれた人ありがとう。

また来月会いましょう。



e0013575_2344374.jpg
なんかまとまりない文章ですが
もうねむいのです。
[PR]

# by ericosan | 2006-10-10 23:48
2006年 09月 19日

そうだ京都へいこう

9月15日

ひぐっちと京都に行ってきました。
京都はもう私のいる場所じゃなくて
いく場所なのかと思うとちょっと悲しいけど。


でも
秋空広がる出町はいつもとかわらず
カメラ片手に飛び石わたって
ごはんたべるのもいつものボンボンで。

地味目のメガネカップルと
実験失敗直後の博士みたいな頭に
ショッキングピンクのTシャツ(イン)のおじさん
という謎の3人組(ピンクパンサーズ)を
横目に知恩院の手作り市に。

久々のみおちゃんと合流したところで
なぜか3人アリの観察。
気をとりなおして店をまわると
きのこのお店発見。
きのこの専門雑誌に一同釘付け。
「全国きのこ事件簿」とか。
「きのことカタルシス」とか。
奥深すぎて怖い。ふみこめない。

その後フレンチ情緒あふれるカフェで
気まぐれシェフの気まぐれな対応にどきどきし

そこからみおちゃんちになだれ込み夕食会。
そしてなぜかぷよぷよ合戦。

バス停間違えて
電車乗り間違えて
終電ぎりぎり。
乗り換え2分=120秒。
「50メートル何秒で走れる・・・?」
丹波橋でまさかの50メートルダッシュ。
エスカレーターをすごいスピードで
かけあがるひぐちの後姿
忘れない。
[PR]

# by ericosan | 2006-09-19 11:00
2006年 09月 11日

またここから

新生活です。
いうなれば私フレッシュマンです。

つかの間の休息は
平和で居心地がよくて
時に不安定で


写真を撮りたいです。
バーバラ、早く暗室作ろう。


マンションモアが新設されました。
遊びに来てください。


e0013575_1334228.jpg

[PR]

# by ericosan | 2006-09-11 13:14
2006年 08月 19日

時間どろぼう

「ちょっとこのサイトみて、これが現実に世界で
 起こってることだからちゃんと知るべきだよ。」
 
 と、とある人に言われて、
 でも私は、

「うん、わかった。今日はもう遅いから明日みるね。」

「明日朝早いから、また明日みるね。」

「今日はもう疲れたから、休みの日にみるね。」

見たくなかったわけじゃなくて
いろんなことを考える時間が
気づけばなくなってて、
本当は考えなきゃいけないことも
忘れちゃいけないことも
全部後回し後回しにって思って
いつまでたってもその埋め合わせが
できないこともあって

世界で起こっている出来事
その根本にあるいろいろな人の
いろいろな生活といろいろな問題。
それから
自分とのこと。
自分を必要としてくれる人とのこと。

そうやって考えたことを
自分の中に落として、消化するための行為も。

いつの間にか
そういう時間が消えてしまってることに
このときふと気づいて、
それが本当にかなしくて
そんな生き方はしたくないと思った。

これもひとつの理由で、
秋から生き方を少し変えることにしました。
ちょっと怖いけど、そうしようと決めました。
[PR]

# by ericosan | 2006-08-19 23:40
2006年 06月 28日

配属

まあ、まだ決まらないんですが。
相変わらず盥まわしですが。
タライってこんな漢字かくの?

今は婚礼アルバム製作の部署にいます。
別にブライダルフォトにはそんな興味なかったけど
写真関係の仕事だと、やっぱりちょっと楽しい。

それはさておき

葬儀の部署にいったら
朝きたら机の上においてたうさぎの人形が
顔に白い紙つきで箱にいれられてて
「あ、それ納棺しといたから。」
とかゆわれるらしいと聞きました。

うーん。ブラック。
[PR]

# by ericosan | 2006-06-28 23:18
2006年 06月 19日

雨降って地固まる。

先日、
樋口嬢の誕生日でした。
雨女が集まる日は
やっぱり雨です。
ザザブリです。
e0013575_059362.jpg       
でも絵本展を見て、
ねずみの赤ちゃんとくまのおじさんが
雨振る中ピクニックに出かけていたので
楽しかったのです。
そして単純やから
絵を描きたくなったのです。

でちょっと早めの夕食。
何度目かのイルピアット。
おいしいお料理と安いワイン。
適度な距離感の店長よしおさん。
誕生日だからいっぱいサービスしてくれた。
なんだかんだでいつもサービスしてくれる。

そしてそして特筆すべきはその後のカラオケ。
まさかのあの人。祇園のあの人参戦。
完全にすべてをもってたね。
だって
サバイバルなダンスに
TKがらみでアミーゴ!
浄化計画中の彼女の「とってもダイスキよ。」
最終的にはSACHIKOへのメッセージソング。
そして「やっぱバンバンやなぁ。」としみじみ。
ちいさんとばんばひろふみ家近所らしい。

夢か幻か
冥土の土産にしよう。

何よりもひぐちが楽しんでくれてよかった。
お誕生日おめでとう!
[PR]

# by ericosan | 2006-06-19 00:45
2006年 05月 30日

明日は休日、布団をほしましょう。

なんとまあ
わたくしただいまエントで働いています。
休憩室にはグッチやらコーチやらのお姉さんたちが
お化粧直しながらランチしてます。

しかし
職場のほかの人と休憩がかぶると
ほら、気つかって
話さなくちゃいけなくなって
それがすごく嫌で、
一人になりたくなって
エントの外に逃げ出して、
近頃みつけたお気に入りの場所で
マックチキンとかたべてます。
こんなんでいいのか。
まーゆっくりなじめばいいのです。
無理は性に合わないみたい。

あ、でも
5年もあってない友達が
エントで働いてることが発覚したり
お店の前を中学の友達が通りがかったり、
ザワイシがエント勤務になったりと
都会は何かと人に会うようで
そういうのは結構うれしい。
六甲山じゃ会うのは
羊くらいですから。

で梅田勤務にともない
久々に実家生活です。
ビバ実家!
パラサイトしたい。。
[PR]

# by ericosan | 2006-05-30 23:20